Pocket



おはようございます、ともむ〜です。

一昨年の冬あたりから、蓄膿症にかかってしまい治療を続けているのですが、通院だけだとまり治りが良くなく、日常で何とかならないかと思い調べてみたら「なた豆茶」というのが副鼻腔炎に非常によく聞くらしいので、飲んでみました。

なた豆茶とは

なた豆茶は「なた豆」という豆から抽出されたお茶です。

「なた豆」は、さやの大きさが30~50cmほどあり、あの有名な童話の「ジャックと豆の木」のあの豆のモデルにもなっています。

膿出しの効果が高く、副鼻腔炎に悩んでいる方が愛飲しています。

実際に飲んでみた

最初は、ドラッグストアで売っている数百円のものを飲んでいたのですが、苦くてどうしても飲みづらく、「値段が高ければおいしいしよく効くだろう」と言う安易な考えで今はこちらの商品を使っています。

こやま園丹波なた豆茶ティーバッグ 3g×30個入

ね?パッケージからしてよく効きそうでしょ?

麦茶と同じようにペットボトルにバックを2個突っ込んでいます。

こんな感じ。

感想

有機栽培の商品である為か、変に苦味もなく、非常に飲みやすかったです。

飲み始めて1週間位でだいぶ楽になりました。

副鼻腔炎は、完治にかなり時間がかかる病気らしいので、薬を飲みながら治療はまだまだ続きそうですが。

個人的には、処方された薬を飲むより症状が和らいでいるので、腹鼻腔炎に悩んでいる方は本当に試してみる価値ありです。

それではまた。